ロジャナ工業団地はご入居頂いている企業の半数以上が日系企業です。お問い合わせはこちら!ボタン

ホライゾン・プラスとの土地売買契約について

目次

ホライゾン・プラスとの土地売買契約について

EMS(電子機器の受託製造サービス)世界最大手の鴻海精密工業とタイ国営石油PTTによるタイの電気自動車(EV)合弁、ホライゾン・プラスは、2022年7月12日にロジャナ工業団地と土地の売買契約を締結致しました。

あわせて読みたい
ノンヤイ(開発中) 【ロジャナ・ノンヤイ工業団地について(開発中)】 https://www.youtube.com/watch?v=ytcu-O1iS9g ロジャナ・ノンヤイ工業団地は、総開発面積2,300ライになります。現...

ロジャナ・ノンヤイ工業団地内にEVの生産工場を建設する計画で、2024 年の操業開始を予定しております。
取得する用地の面積は約 50 ヘクタール(313Rai)。今後益々EVサプライヤーの進出が予測されます。

 ホライズン・プラスは、「新工場は、タイEV産業の包括的なエコシステムの構築と関連産業の発展を後押しするだろう」と指摘。EVの発展に関心を寄せる全ての自動車ブランドとの提携に意欲を示し、同国と東南アジア諸国連合(ASEAN)におけるEV生産を支援すると強調した。

ホライズン・プラスは今年2月に設立。タイ東部3県(チョンブリ、ラヨーン、チャチュンサオ)の経済特区(SEZ)「東部経済回廊(EEC)」に生産拠点を設ける方針を示していた。ロジャナ工業団地は、このうちチョンブリ県とラヨーン県に設けられている。

7月14日 バンコク時事速報


お問い合わせはこちら!

是非一度お気軽にご連絡ください。

ロジャナ工業団地は日系企業様の更なる前進、発展の為にご協力させていただきます。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    目次